ルイボスティーとは「ルイボス」とは、現地の言葉で「赤い茂み(Red Bush)」と言われます。
ルイボスティーは紅茶や緑茶、中国茶等の「お茶」と呼ばれているのは全く種類の異なる飲み物だと思います。ルイボスティーは豆科の低木(いわゆる“しげみ”)の松の葉かのような針状の葉の部分で、学名をアスパラサス・リネアリスと呼びます。古くから南アフリカの先住民のの中で普段の飲み物という形で親しまれるその一方、「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」とされて、日頃の健康のために飲まれ続けて来たのです。

そういった長い歴史を持つお茶にここ数年、活性酸素を抑制することで認められるSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)様酵素が含まれているという考え方が明らかになったワケです。
たっぷりのSOD様酵素、そしてノンカフェインのルイボスティーは容易く継続できる健康法でありつつ、品のあるティータイムにもピッタリ合う美味しいお茶として、世界的な規模でたくさんの人々に愛用されています。

ルイボスティーに含まれる「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」と言われている抗酸化成分(酵素)が、肌の老化をゆるめ若々しい美肌に。活性酸素を除去し、体の免疫力を高めて細胞の新陳代謝の促してくれます。 ルイボスの茶葉には、マグネシウム、カリウムといったミネラルをはじめ、ビタミンC、カルシウムなど美しい肌づくりに絶対不可欠な成分も良いバランスで入っておりるのが注目点。 愛飲しているみなさんからは「肌トラブルが良い方向に向かわせ、若返った!」と大絶賛も数多く、さらには、老化対策威力もあるので、洗顔やパックということでも良い結果が期待できます。お茶を摂り入れるだけで、お肌のたるみもしくはシワ、カサつきといった肌の悩みをまとめて解消してもらえる優れものになります。

ベルタルイボスティー